若い人でも油断大敵【心筋梗塞で倒れる可能性が高まる悪習慣】

女性

心臓の血管が詰まる病気

医者

心筋梗塞は、高血圧が原因で冠動脈が詰まってきちんと血液が流れなくなる病気です。初期症状としては、吐き気、胸の痛み、息切れなどが起こります。大きな発作が起こると死に至るので、初期の段階で病院で治療を受けることが大事です。

死を招く恐ろしい病気

医者

心筋梗塞は、心臓にある冠動脈が詰まって、血液が流れなくなる病気です。やがては心筋が壊死して、その機能を失い死に至ります。予防方法としては、仕事などのストレスを解消したり、魚を普段の生活で食べることが大事です。

若くても発症する病気

心筋梗塞を防ぐにはこちらで情報をゲットしましょう。基本的なことから、誰でも出来る予防方を紹介しているのでオススメです。

患者さんの立場で親身な治療を心掛けています。小岩で糖尿病治療するならこのクリニックに任せてみませんか?きっと貴方のサポートをしてくれますよ。

心臓で最も多い病気

医者

近年、20代や30代の若い人の発症例が増えている病気が有ります。それは、心筋梗塞という心臓の病気です。元来、心筋梗塞は50才以上に多い病気でしたが、食の変化で若い人にも増加傾向に有ります。そもそも心筋梗塞とは、心臓に繋がっている冠動脈が動脈硬化で狭くなり詰まる病気です。心臓に血液が流れなくなってしまい、ひどい場合は死にいたります。具体的な初期症状は、胸の痛み、呼吸困難や吐き気、冷や汗などが起こることが多いです。特に症状がひどいと、胸に耐えられないくらいの強い痛みを感じます。その痛みは全く消えず、数時間、半日と続くことが多いです。放置していると死ぬ恐れもあるので、体に異変を感じたらすぐに病院に行くことが大事です。

予防の効果的な方法

心筋梗塞は、基本的に毎日の生活習慣に気をつければ防ぐことが可能な病気です。具体的な予防方法として最適なのが、適度に運動をすることです。体が肥満の状態だと、動脈硬化を進行させてしまいます。しかし、適度に運動すれば、血圧が上昇せずに動脈硬化が起きにくくなります。毎日運動をする必要はなく、週3回、1回に30分以上の運動を心掛けると良いです。その他の予防方法としては、禁煙の習慣が大事です。なぜなら、タバコを吸っていると、動脈硬化が進み冠動脈が詰まりやすくなるからです。タバコに含まれるニコチンは、血管収縮、血液凝固、動脈硬化を招いてしまいます。しかし、禁煙を行えば、そのようなリスクを減らすことができます。

恐ろしい心臓の病気

医者

心筋梗塞を発症すると後遺症害を残す確率が高く、命を失うこともあります。しかし、発症後、2時間以内に治療を受ければ、回復が期待できますので、発症したら直ちに医療機関に行きましょう。当然、予防も大事です。高血圧は発症原因ですので改善しましょう。また、狭心症発症時に治療を受ければ、発症リスクは下がります。