若い人でも油断大敵【心筋梗塞で倒れる可能性が高まる悪習慣】

女性

恐ろしい心臓の病気

医者

心筋梗塞とは、心臓を取り囲むように走っている血管、冠動脈が塞がれてしまい、心臓の壁を構成する心筋に血液が届かなくなる病気です。血液が届かなくなれば、心筋は壊死してしまいます。心臓は、体全体に血液を送るポンプの役割を担っています。そして、そのポンプを機能させているのが心筋です。従って、心筋を壊死させてしまう心筋梗塞を発症すれば、命を失う恐れがあります。命を失わなかったとしても、高い確率で後遺障害が残ってしまいます。しかし、心筋梗塞発症後、2時間以内に血流が再開すれば、命を失うことがなく、後遺障害も残らない可能性があります。ですから、発症したら、直ちに医療機関に向かうべきです。心筋梗塞の主な症状は胸部の激痛で、それが30分以上続くこととなりますので、そのことを覚えておいた方が良いでしょう。医療機関では、カテーテルによる治療が施されます。

もちろん、発症後の対応よりも、何より予防が重要です。心筋梗塞の引き金となるのが、高血圧です。高血圧は動脈硬化を進行させるのですが、動脈硬化こそが血管を塞ぐ最大の原因です。ですから、高血圧の人は、日頃から血圧を下げる努力をする必要があります。また、狭心症を発症した時点で治療を受ければ、心筋梗塞の発症を未然に防ぐことが可能です。狭心症は血管が狭くなってしまい、かろうじて血液が流れている状態の病気です。血液は流れていますので心筋は壊死しませんが、そのまま放置すれば、心筋梗塞に発展する可能性が大いにあります。つまり、狭心症の発症は、心筋梗塞発症のシグナルだと言えるのです。狭心症の症状は心筋梗塞と同じく胸の痛みなのですが、心筋梗塞ほど長い時間、続くことはなく、いずれ治まります。治まったから安心してしまう人もいますが、放置せず、必ず医療機関を受診するようにしましょう。