若い人でも油断大敵【心筋梗塞で倒れる可能性が高まる悪習慣】

女性

心臓の血管が詰まる病気

若い人でもなりやすい病気

医者

心筋梗塞とは、動脈硬化が原因で血管内に脂肪の固まりが血栓として塞いでしまう病気です。血管が詰まることで、心臓は必要な酸素や栄養素を全く受け取れなくなります。なので、心臓は全身に血液を送り出すことができなくなり、やがでは死に至ります。心筋梗塞は中高年に多い病気というイメージがありますが、最近は若い人にも増えています。心筋梗塞の主な症状は、胸に痛みを感じたり、呼吸困難や吐き気、冷や汗などが生じます。他にも、だるさ、めまいやしびれ、安静の状態で30分以上胸の痛みが持続するなどの症状もあります。心臓に大きな発作が起こると、死亡してしまう可能性が高いです。なので、上記のような初期症状の段階で、すぐに病院で治療を受けることが大事です。

効果的な予防の方法とは

心筋梗塞は、毎日の食生活に気をつければ予防が可能な病気です。そもそも心筋梗塞は、高血圧が原因で発症するといわれています。血管に高い圧力がかかると、血管は傷ついてコレステロールが集まりやすくなります。その結果、動脈硬化を引き起こしやすくなるからです。なので、食事で気をつけることは、みそ汁や漬物など塩分が多い食品を控えることです。また、毎日の料理の味付けも薄味に心掛けると良いです。その他にも、毎日の食事では血圧を下げる効果のある食品を積極的に食べる必要が有ります。たとえば、リンゴなどの果物、海藻類、ゴマがおすすめです。これは、体内に入ると血圧を下げる作用があります。値段の高い食品ではないので、普段の食生活に加えて予防を行うと良いです。