若い人でも油断大敵【心筋梗塞で倒れる可能性が高まる悪習慣】

女性

死を招く恐ろしい病気

心臓に血が流れなくなる病

医者

心筋梗塞は、冠動脈が詰まって血液の流れがストップしてしまう病気です。酸素や栄養素が届かなくなるので、心筋が懐死して機能しなくなってしまいます。そのため、死にいたる可能性が高い病気といえます。心筋梗塞になる一番の原因は、高血圧です。血圧が高いと血管が傷ついて、血中のコレステロールが溜まりやすくなります。それで、細い血管が詰まりやすくなり、心筋梗塞が発症します。昔は高齢の患者が多い傾向にありましたが、近年は若い患者が増えています。具体的な初期症状を挙げていくと、吐き気や冷や汗、心臓の一部が働かないので血圧の低下が見られます。また、いきなり胸に痛みを感じて、締め付けられるような痛みが30分ほど続きます。上記のような症状を感じたら、すぐに病院で診断を受けることが大事です。

予防のための効果的な方法

心筋梗塞は、毎日の生活を改善していくことで病気を発症するリスクを減らせます。予防で一番大切なことは、仕事などの精神的ストレスをできるだけ解消することです。なぜなら、人間は精神的ストレスを感じると、心臓に負担をかけて血圧が高くなるからです。特に攻撃的な性格や怒りやすい性格の方は、心筋梗塞にかかりやすいと言われています。なので、ストレスを感じたら、運動をしたり、お茶を飲んだりと気分を変える工夫が大事です。その他の予防方法は、食事に気を配ることです。特に肉類など脂質が多い食品は避け、なるべく魚を摂取することが大事です。魚に含まれる脂には高脂血症を予防する効果もあるので、予防に最適です。上記のことを参考にすれば、心筋梗塞のリスクを減らせます。